ニュース 車載4カメラ対応低消費電力型高速インターフェース新製品量産開始のお知らせ

2021.07.26 リリース
当社グループは、高速インターフェース・画像処理技術の分野で世界をリードするLSI事業とAI・IoTの分野で知的財産を創出し様々なソリューションを提供するAIOT事業との2つの事業を柱として事業を展開していますが、この度、車載4カメラ動画像を1チップかつ低消費電力で受信可能な高速インターフェースV-by-One® HS新製品THCV244A-QPを本年7月より量産を開始することといたしましたので、お知らせします。

今回量産開始するV-by-One® HS新製品THCV244A-QPは、フルHD 60fps(1秒間当たり60フレーム)の車載カメラ最大4台からの動画像を1チップで受信することができます。車載カメラからの送信に当社製THCV241A等のV-by-One® HS製品を用いることで、車載カメラ用チップセットとして、業界で最も優れた低消費電力水準を実現するとともに、当社従来製品と比較してノイズ耐性を強化したソリューションとなりました。

車載カメラでは高画質・高フレームレートの映像データに対する需要が高まり、カメラセンサや画像処理プロセッサのインターフェースとしてMIPI CSI-2が必要ですが、MIPI CSI-2の信号データは通常、数十cm程度しか伝送できません。こうした課題にも、V-by-One® HSチップセットを用いることにより、伝送距離を15m以上延長することができます。
本新製品は4カメラによる車載サラウンドビューカメラ、複数カメラによるADAS(先進運転支援システム)カメラや車載電子ミラー、ドライバーモニタリング機能付ソリューション、ドライブレコーダーなど多様な車載カメラに適用できます。
また、新製品THCV244A-QPのバーチャルチャネル機能により、複数カメラのデータを統合して出力可能であるため、画像処理プロセッサの限られたポート数を有効活用することが可能です。
さらに、本新製品を活用したV-by-One® HSチップセットは、システム制御ユニットからカメラユニットを制御するGPIO信号を双方向に伝送する機能も搭載しています。

車載分野に加え、本新製品は、監視カメラやAIカメラなどに代表される産業用カメラの複数の4Kリアルタイム動画像も受信することが可能です。例えば、4K映像による2眼パノラマ型の監視カメラ、4K360度カメラ、ドローン搭載4Kデュアルカメラ、店舗無人端末用カメラ(広角と近景の2カメラ対応等)などの複数カメラによる動画像を1チップに受信するシステム構成が可能となります。

当社グループでは今後とも新製品・新ソリューションの開発・提供を進め、新常態への社会変革ニーズに対し、カメラ等を活用したモビリティ支援、無人化、省人化、リモート化、非接触などの新たな価値の提案を進めていく方針です。
 

車載4カメラ対応低消費電力型高速インターフェース新製品THCV244A-QP


※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
※「MIPI」はMIPI Alliance, Inc.の登録商標です。
ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
 

報道機関各位からのお問い合わせ先

ザインエレクトロニクス株式会社 取締役総務部長 山本 武男
〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町9-1 MD神田ビル3F
TEL 03-5217-6660 FAX 03-5217-6668
URL: https://www.thine.co.jp E-mail: ir@thine.co.jp

お客様各位からのお問い合せ先

ザインエレクトロニクス株式会社 営業部

お問い合わせはこちら


ニュース一覧はこちら