社長挨拶


 当社は、1991年の創業以来、「人資豊燃」を理念として、優れた人財が集い、資本・資源を投下しながら、豊かに自己実現と社会貢献ができる研究開発型のファブレスメーカーとして事業展開してまいりました。2017年度より2019年度を目標年次とする中期経営戦略「J-SOAR」を策定し、「THine独自の日本発ソリューションによる飛躍」を目指しております。


 高速情報伝送技術に優位性を持つ当社が創出する差別化力と新たな付加価値を通じた社会貢献をしたいと考えております。このため、インターフェースを軸足としてお客様の課題を解決するとともに、世界市場に向けた当社独自の新たなソリューションを提供してまいります。ザインエレクトロニクスは、IoT(M2M)の先駆的取り組みを通じて日本のIoT市場の形成の一役を担ってきたキャセイ・トライテックを2018年にグループ企業に加え、LSI・センサー活用からAI/IoTを含めたシステムソリューションにわたる独自の付加価値を提供してまいります。

 具体的には、インターフェースを軸足としてお客様の課題を解決するためLSI新製品とAI/IoTデバイスやサービス、AIoTシステムソリューションを開発し展開してまいります。また、NB-IoTや5Gを含む最新のSIMCom社製移動通信モジュールをタイムリーに提供し、コストパフォーマンスに優れたIoTデバイス、Edge AIoTデバイスと技術を提供することなどにより、お客様の付加価値にレバレッジを与える方策に取り組んでまいります。

 さらに、アライアンスを重視し、M&Aやパートナー企業とのwin-win協業の機会を模索し続けることにより、化学的成長による加速の方策にも取り組んでまいります。

 当社は、今後とも、革新にこだわりながら、中期経営戦略「J-SOAR」の達成に向けて取組み、企業価値の向上と社会貢献を行ってまいる所存です。

  株主の皆様におかれましては、一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 

2019年3月
代表取締役社長 高田康裕