マシンビジョンカメラ信号処理にはFPGAが使用されていますが、MIPI®CSI-2変換回路やIPの導入、実装面積や消費電力の増加と言った問題が生じます。これらの問題の多くはFPGAの代わりにカメラ信号処理専用LSIであるTHP7312を使用することにより解消されますが、THP7312のファームウェア開発が必要となります。
 


カメラ信号処理LSI“THP7312”を使用したVBOC出力カメラ構成イメージ
 

そこでザインエレクトロニクスではTHP7312を使用したカメラ開発支援環境として“CDK(Camera Development Kit)”を用意しています。CDKに関してはこちらをご覧ください。

また上図の画像センサ構成イメージでは画像出力としてCameraLinkの代わりにVBOCを使用しています。VBOCはCameraLinkに代わる高速広帯域カメラインターフェースであり、CameraLink Full Configurationの2倍以上のデータをCameraLinkケーブル1本で安定的に伝送できます。