<Job> 現在の業務について教えて下さい。

営業部でFAE(Field Application Engineer)をしています。お客様が「現在できていることをもっと上手にできるようにすること」、そして「やりたくても実現できなかったことを実現できるようにすること」、この2つを業務の目的として日々、当社技術をお客様にお届けする仕事です。ザインの技術を活用することにより顧客側の製品の付加価値、競争力が向上し、さらに良いソリューションが世の中に送り出されるのです。現在は主にカメラ周りの製品技術の担当をしており、顧客からシステム構成をヒアリングし、ソフトウェア方面からはFirmwareを作るためのSDK(Software Development Kit)の技術サポート、ハードウェア方面からは製品をシステムに組み込むための技術サポート等を行っています。

<Carrier> これまでのキャリアを教えて下さい。

新卒でザインに入社して10数年になります。半年間のOJT研修の後、LSI製品の製造委託先の管理を行う部署に配属され、主にLSI製品の出荷検査立ち上げ業務を行っていました。その後、学生時代の研究テーマにより近い画像処理関連の業務に携わりたいという希望から、開発部の画像処理用LSIの開発を行うグループへ異動しました。そこでは主にハードウェア開発業務を担当し、UVC camera reference design kitの開発等に携わりました。数年前から営業部に場所を変え、開発部時代に開発に関わった製品のFAEとして世界中のお客様にザインの技術をお届けしています。

<Why THine?> ザインを選んだ理由を教えて下さい。

就職活動の中で、「工場を持たず、設計と製品企画、販売にリソースをつぎ込むファブレスメーカー」という業態に興味を持ち、企業研究を進める中でザインに出会いました。早速、会社説明会に参加したところ、「人資豊燃」「少数精鋭」といった企業理念や、ファブレスで一人当たりのパフォーマンスを重視している点、そして社内見学や先輩社員の方々から実際の業務内容や入社後の仕事の進め方の話を伺う中で、ザインで働いてみたい!という気持ちがさらに強くなり、応募して縁あって採用されました。

<Episode> 印象に残っているエピソードを教えて下さい。

入社して間もない頃、あるLSI製品の出荷検査立ち上げで台湾にある製造委託先の工場へ出張で訪問しました。国内の委託先の工場もとても大きいですが、訪れた台湾の工場はさらに巨大でまるで一つの街の様な大きさにとても驚いたことを鮮明に記憶しています。また、FAE業務では北米のお客様を訪問し、カメラの個体差調整をレクチャ、デモをしてきました。訪問を重ねる中で、ザインの製品・技術・サポートを大変気に入ってくださり、更に新しく個体差調整が出来るようになり、一層の信頼関係が深まりました。個体差調整が出来るようになった後、お客様全員が参加してゴルフの打ちっぱなしに打ち上げで行って、ビールで乾杯したのは良い思い出です。

<Message> ザインを志望してくれる方々へのメッセージをお願いします。

ザインは年齢に関係なくチャンスが与えられ、挑戦する者を後押ししてくれる会社です。営業・開発の部門に囚われず、常に全社員が企画の意識を持って、新しいアイデアの実現に向けて挑戦しています。ザインの優れた企画力、開発力をフルに駆使して、世の中の役に立つものを一緒に作っていきましょう!