• HOME >
  • ニュース >
  • 20Gbps高速信号対応 超低消費電力 汎用リドライバ新製品開発のお知らせ

20Gbps高速信号対応 超低消費電力 汎用リドライバ新製品開発のお知らせ

logo_news_list01.png
2018/08/07

~USB3.2に対応可能なシグナル・コンディショニング機能を小型パッケージ化した汎用リドライバ製品~
 
 当社は、高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、この度、USB3.2のデータ伝送速度である最大20Gbpsの高速信号に対応可能な4チャネルのシグナル・インテグリティ(注1)確保を実現する超低消費電力 汎用リドライバ新製品THCX422R10を開発し、2018年9月よりサンプル出荷することとしましたのでお知らせします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 当社は、昨今の大容量データ伝送を高速に実現するUSB3.1 Gen2、ThunderboltやDisplayPort1.3等(注2)のCML(Current Mode Logic)方式を用いた10Gbps程度の高速信号に対して、シグナル・インテグリティ確保用デュアル・チャネル汎用リドライバ製品THCX222R10を量産出荷していますが、このたび、更に2倍の20Gbpsとなるデータ伝送帯域を1チップで実現できる超低消費電力 汎用リドライバ新製品THCX422R10を開発しました。この製品は、昨年USB Implementers Forum, Inc.が発表したUSB3.2の最新規格を満足し、USB3.2の伝送路を構成するUSB Type-CTM (以下、USB-C)コネクタおよび同ケーブルを流れる高速信号のシグナル・インテグリティ確保が可能です。また、Thunderboltの10Gbps×2チャネルのシグナル・インテグリティ確保をTHCX422R10 1チップで構成できます。

 今回開発したTHCX422R10の特徴は、10GbpsのCML採用高速伝送インターフェースに対応する4チャネルのシグナル・コンディショニング機能(注3)を小型の42ピンQFNパッケージ(3.5mm×9mm)に搭載した点です。この特徴により、ユーザーはシグナル・インテグリティを改善したいCML採用高速伝送インターフェース伝送路に、小面積の本デバイスを挿入するのみで信号品質改善を図れます。本デバイスのシグナル・コンディショニング機能であるイコライザのゲイン設定は、外部ピンで16段階切り替える仕様であり、ユーザーは入力波形のゲイン補正量を細かく調整できます。このデバイスは3.3V単一電源で動作し、4つの動作モードを準備していることから、インターフェースの動作状況に従いデバイスを適切な動作モードへ切り替えることで超低消費電力も実現できます。

 新製品THCX422R10の開発に当たり、当社代表取締役社長 高田康裕は次のように述べています。「市場で用いられているCML採用の高速伝送インターフェースの信号品質課題に対し、当社は保有するシグナル・コンディショニング技術を応用し、小型1チップで複数のインターフェース共通の課題を解決するために、5Gbps向けにはTHCX222R05、10Gbps向けにはTHCX222R10、20Gbps向けにはTHCX422R10の製品ラインナップを準備いたしました。PC・モバイル用途はもちろん、左右両眼各4Kの高解像度によるAR / VR / MRなどの情報伝送ニーズにも対応して、通常よりも長距離への情報伝送や、より細いフレキシブルなケーブルによる伝送、より安価なケーブルでの伝送などが可能になります。本製品の市場投入に加え、さらに多機能なリドライバの後継製品ラインナップを拡充していくことにより、今後ともV-by-One® HSやCML採用の高速伝送インターフェースを使用するお客様の製品の付加価値の向上に貢献し、お客様の更なるニーズにお応えするソリューションを提供していく方針です。」

■THCX422R10の特徴
・CML対応リドライバ機能 (1入力1出力×4チャネル)
・受信側イコライザ機能 最大+14.8dB@5GHz
・送信側出力振幅制御機能
・3.3V単一電源駆動
・パッケージ:QFN 42ピン(3.5mm×9mm, 0.5mmピッチ、Exposed Pad)


THCX422R10の写真
 
※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
 
(注1) 送信端と受信端の間に構成される伝送路に流れる信号の品質を指す。伝送路としてはプリント基板やケーブルが想定される。
(注2) USB3.1 Gen2とThunderboltの伝送速度は10Gbps, DisplayPort1.3は8.1Gbps。
(注3) 信号伝送の高速化と長距離化を達成するために、伝送時に減衰する波形成分を信号送信側と信号受信側において補償する手法。大きく分類すると3つの手法があり、送信側で実施するプリエンファシスとデエンファシス、受信側で実施するイコライザとなる。THCX422R10はイコライザを搭載。
ご注意:その他本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部お問合せフォーム