ニュース SensorI/OHub™ソリューション提供開始のお知らせ

2020.12.02 リリース

~無人化・省人化が進む工場・物流プロセスのセンシングシステムの設計フレキシブル化に貢献

 当社は高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止が求められる中、工場・物流プロセスの無人化、省人化への設計変更ニーズに対応し、センシングシステムの設計フレキシビリティを抜本的に強化するSensorI/OHub™ソリューションを提供開始しましたのでお知らせ致します。
 

 昨近、工場や物流など産業プロセスの無人化、省人化を進めることにより事業活動を停滞させることなく新型コロナウイルスの感染拡大防止策を検討するお客様が拡大していることに対応して、当社は、産業プロセスのセンシングシステムを高度化するための設計変更のフレキシビリティ強化に貢献するSensorI/OHub™ソリューションを提供して参ります。
 例えば、工場のセンシングを高度化する際に、プログラマブル・ロジック・コントローラー(PLC)に用いられる様々なセンサーや可動部、表示部、制御部などを増設・変更する場合、従来であれば、各モジュールを接続するベース基板レベルでの設計変更が必要となり、多大な設計期間と検証をする、もしくはロケーション制約下での熟練工の技術が必要となるのが一般的でした。これに対して、SensorI/OHub™ソリューションを適用すれば、各モジュールをベース基板構成設計変更や熟達した配線技術を要さず、モジュールの追加・変更をフレキシブルに実現でき、設計期間とそれに伴う設計コストの大幅削減が可能となります。



また、SensorI/OHub™ソリューションでは、無人化、省人化のため増設されるIoTセンシング・制御データの送受信を簡素化するアクティブケーブルソリューションも提案しております。



SensorI/OHub™ソリューションによる、設計の共通化やフレキシビリティを強化したシステム構築は当社SerDesトランシーバー製品を活用することにより可能となるものです。様々なユースケースに対応して柔軟性の高いソリューションを提供するため、当社では各種コラボレーションを強化するとともに、当社主催WEBセミナーなども通じて、付加価値の普及に努めて参ります。
当社では今後とも、人的移動制約が高まる環境下で、人的活動に代替する無人化、省人化、AI・IoT化の潮流に貢献するソリューションを提供していく方針です。
 
※「I/OHub」「SensorI/OHub」はザインエレクトロニクス株式会社の商標です。
 
 

 ご注意:その他本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。

報道機関各位からのお問い合わせ先

ザインエレクトロニクス株式会社 取締役総務部長 山本 武男
〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町9-1 MD神田ビル3F
TEL 03-5217-6660 FAX 03-5217-6668
URL: https://www.thine.co.jp E-mail: ir@thine.co.jp

お客様各位からのお問い合せ先

ザインエレクトロニクス株式会社 営業部

お問い合わせはこちら


ニュース一覧はこちら