• HOME >
  • ニュース >
  • 東レ・デュポン株式会社のフレキシブルフラットケーブル用基材を使用したフレキシブルフラットケーブルが次世代高速インターフェース規格V-by-One® US対応を確認のお知らせ

東レ・デュポン株式会社のフレキシブルフラットケーブル用基材を使用したフレキシブルフラットケーブルが次世代高速インターフェース規格V-by-One® US対応を確認のお知らせ

logo_news_list01.png
2017/12/25

  当社は、高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、4K、8K映像向け次世代高速インターフェース規格V-by-One® US技術仕様への適用に向けた伝送路の開発におけるコラボレーションを複数の賛同企業と行っており、東レ・デュポン株式会社(注1)のフレキシブルフラットケーブル用絶縁フィルムを内部配線材としたフレキシブルフラットケーブルがV-by-One® US技術仕様に準拠することを確認したので、お知らせします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 当社は、世界中の大半の4Kテレビ機器内部インターフェースでデファクト・スタンダード(事実上の世界標準)として用いられている当社の高速インターフェース技術V-by-One® HSの次世代高速インターフェース技術として、V-by-One® US技術仕様を策定しました。V-by-One® US技術仕様は、1レーン当たり最高16Gbps(1秒当たり160億ビット)の高速伝送速度を規定しており、V-by-One® HSに比べて4倍の高速伝送が可能となります。V-by-One® HSによる4K映像の伝送時の伝送路本数を保持したまま、V-by-One® USによる8K映像の伝送路実現を目標として、当社は、V-by-One® US技術の普及に賛同いただいた複数のハーネス・コネクタ・素材メーカーと伝送路の開発におけるコラボレーションを行っております。
 東レ・デュポン株式会社からは、新製品となるフレキシブルフラットケーブル用の絶縁フィルム “カプトン RR”を提供いただき、株式会社オフィスECW(注2)の設計による“カプトン RR”を用いたフレキシブルフラットケーブルHSDT-FFCがV-by-One® US技術仕様へ適合することの評価を行ってきましたが、このたびHSDT-FFC がV-by-One® US技術仕様に準拠することを確認しました。“カプトン RR”は東レ・デュポン株式会社より製品出荷されています。
 フレキシブルフラットケーブル用絶縁フィルム“カプトン RR”を用いたフレキシブルフラットケーブルがV-by-One® US技術仕様に準拠することを確認したことに当たり、当社代表取締役社長 高田康裕は次のように述べています。「当社は、2018年にV-by-One® US技術を搭載したASSP製品のリリースを計画していますが、V-by-One® US技術仕様に適用可能な複数の伝送路ソリューションを提供したいと思います。“カプトン RR”が新規ケーブルメーカーのフレキシブルフラットケーブル開発の参入障壁と技術障壁の低減に繋がり、V-by-One® US技術仕様に準拠するフレキシブルフラットケーブル製品の普及が加速することを期待します。
 今後もV-by-One® US技術の普及に賛同いただけるハーネス・コネクタ・素材メーカー企業とのコラボレーションを拡大し、V-by-One® US技術を通じた低コストでの4K、8K映像伝送システムをユーザーに提案してまいります。」

※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
※「カプトン」は米国デュポン社の登録商標です。
※「HSDT」は株式会社オフィスECWの登録商標です。

(注1) 東レ・デュポン株式会社
本社:東京都中央区日本橋本町1-1-1、代表取締役社長  中瀬 道行
東レ株式会社と米国デュポン社の折半出資合弁会社。ポリイミドフィルム等の高機能素材を提供する世界トップクラスの先端材料企業

(注2) 株式会社オフィスECW
代表取締役 堆 信仁
電子機器用配線材の開発、設計技術コンサルタント
ご注意:その他本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部お問合せフォーム