• HOME >
  • ニュース >
  • MIPI® CSI-2インターフェース直結型V-by-One® HS新製品のお知らせ

MIPI® CSI-2インターフェース直結型V-by-One® HS新製品のお知らせ


2019/01/15

~イメージセンサデータを長距離伝送可能とするチップセットを提供~
 
 当社は、高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、MIPI® CSI-2インターフェース(注1)に直結可能なV-by-One® HS既存製品THCV241とペアを成す新製品THCV242をサンプル出荷開始し、2019年Q1に量産出荷することとしましたのでお知らせします。

 なお、1月16日から1月18日に東京ビッグサイトで開催される第11回オートモーティブワールドでは、当社製品THCV241と新製品THCV242をnVidia®製JetsonTMプラットフォームに6ペア搭載した6チャネルカメラシステムのデモンストレーションをご覧いただけます。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 昨今、イメージセンサは高解像度化とHDR(注2)対応のような高性能化が進んでおり、その使用用途は携帯電話のカメラ機能をはじめ、車載カメラや監視カメラ等、多様なアプリケーションに展開されています。大容量の撮像データ出力を特徴とするイメージセンサは、MIPI® CSI-2インターフェースを搭載することが一般的になっていますが、MIPI® CSI-2インターフェースは規格上 撮像データの伝送距離に制約が生じるため、アプリケーションにおけるイメージセンサのレイアウトに制限が生じる課題があります。

 今回、サンプル出荷を開始するV-by-One® HS新製品THCV242の最大の特徴は、既存製品THCV241を用いてMIPI® CSI-2インターフェースをV-by-One® HSインターフェースへ変換し、伝送距離を15mまで大幅に伸ばした高速信号を、受信端でV-by-One® HSインターフェースから元のMIPI® CSI-2インターフェースへ再変換する機能です。

 新製品THCV242は、既存製品THCV241と1対1のV-by-One® HSインターフェース接続が可能です。使い方としては、THCV241を介して最大8Mpixel 30fpsの撮像データ(または、最大8Mpixel 60fpsの撮像データ)をV-by-One® HSへ変換、1対のシールド付ツイストペア線あるいは1本の同軸線(または、1本のシールド付ツイストクアッドケーブル)で長距離伝送し、受信端の減衰したV-by-One® HS信号から元のMIPI® CSI-2インターフェースへ復元するようなケースです。

 これにより、MIPI® CSI-2インターフェースを搭載したイメージセンサが抱える伝送距離制約を解消できると同時に、少ないケーブル本数で大容量の撮像データ伝送線路を構築できるチップセットソリューションを提供できます。更に、イメージセンサを制御するためのGPIO/UART/2ワイヤ・シリアルインターフェースのブリッジ機能を有しており、撮像データ伝送先のMIPI® CIS-2インターフェース搭載のプロセッサ側から伝送元のイメージセンサ動作を制御することができます。また、電源の供給を同じケーブルで行うことも可能です。

 新製品THCV242は、急速に需要が拡大傾向にあるカメラを複数個 搭載するアプリケーション要求に、レイアウトフリー、かつケーブル数削減による重量低減可能なソリューションとしてお使いいただけます。また、本製品はHDR機能搭載イメージセンサが出力する大容量撮像データにも対応でき、V-by-One® HS 1laneで2Mpixel 60fpsのデータ伝送が可能です。更に、V-by-One® HS技術はデータ非圧縮の高速伝送方式であるためデータ圧縮・伸長処理時間が必要なく、「高解像度HDR映像の伝送」と「伝送遅延ロス低減」の両立を実現できます。

 新製品THCV242のサンプル出荷開始、および2019年Q1の量産出荷を予定するに当たり、当社代表取締役社長 高田康裕は次のように述べています。「当社は、本新製品のサンプル出荷を開始してから、数年内に1億台への拡大が見込まれる車載カメラ市場をはじめ、監視カメラ市場、医療用カメラ市場等のお客様へサンプルのご提供と製品評価サポートを進めてまいりました。
 今後は、THCV242の量産により、お客様の製品の付加価値向上に貢献するとともに、お客様の更なるニーズにお応えできる製品開発をしていく方針です。」
 
 なお、第11回オートモーティブワールドにおける、THCV241とTHCV242をnVidia®製JetsonTMプラットフォームに6ペア搭載した6チャネルカメラシステムのデモンストレーションは、Hawyang Semiconductor社とAppro Photoelectron社が共同で開発したものであり、Aimmet Industrial社ブース(ブース番号E40-11)にて、ご覧いただけます。
 
■THCV242の特徴
・V-by-One® HS入力(1/2lane, 4Gbps/lane)、MIPI® CSI-2出力(1/2/4lane, 1.2Gbps/lane)
・最大8Mpixel (4K2K) 60fpsの撮像データ受信可能 (V-by-One® HS 2lane使用時)
・GPIO/UART/2ワイヤ・シリアル・インターフェースの制御信号ブリッジ機能
・CRCを含むエラー検知機能 (撮像データ伝送経路)
・パッケージ:QFN 64ピン(9mm□, 0.5mmピッチ, Exposed Pad)
 
※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
※「MIPI」はMIPI Alliance, Inc.の登録商標です。
 
(注1) MIPI® CSI-2 (Mobile Industry Processor Interface Camera Serial Interface - 2)インターフェース
MIPI Allianceが策定したモバイル機器内のカメラインターフェース規格。2008年に制定された物理層規格D-PHYはソース同期方式であり、主な使用用途は携帯電話のビデオ信号接続用。信号振幅を±200mVと定義することで低消費電力、かつ高速シリアル伝送を実現できる特徴がある一方、距離を伴う伝送には対応困難となっている。
 
(注2) HDR (High-dynamic-range rendering)
ハイダイナミックレンジ合成。ダイナミックレンジ(最も明るい部分と最も暗い部分の明暗の比)の広い画像に対し、コントラストを落とした画像に変換する画像合成技法。
ご注意:その他本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部お問合せフォーム