モニタ・ディスプレイ

LED大型ディスプレイ

 

  
1024×768画素フルカラー LED大型ディスプレイ構成例
 
競技場やスタジアム、ビルの案内表示などに使用される大型LEDディスプレイは32×32や64×64のマトリクスLEDモジュールを縦・横に並べることで任意解像度のディスプレイを構築することが出来ます。上図ではは64×64のLEDモジュールを縦12台、横16台の合計192台並べてXGA(1024×768)のディスプレイを構成しています。

 


映像処理プロセッサ・16ポート出力コントローラ部

 
任意サイズの映像コンテンツは映像処理プロセッサで1024×768へアップ或いはダウンスケーリング処理が行われた後に、水平方向4分割映像が生成され、ポートコントローラにより出力4port毎に1024×254の映像が出力されます。

ポートプロセッサから初段のLEDマトリクス・モジュール間は比較的長いケーブルが使用されるため、ポートコントローラ出力部には高振幅ドライバとして”THCX222R05”を使用しています。

 

64×64画素 LEDマトリクス・モジュール部

 
LEDマトリクス・モジュール部ではラスタスキャン方式で送られてくる映像から、1ライン毎に横方向64画素分のデータを読み出し、LED駆動します。送られてくるデータはそのまま次段のLEDマトリクス・モジュールへ送られます。

LEDマトリクス・モジュールのデイジーチェーン接続ではレシーバデバイスから直接トランスミッタデバイスへクロックを入力すると、LEDモジュールを通過する毎にジッタが増加し、後段モジュールでは正常に受信出来ない場合があります。そこで各LEDモジュールでは基板上のクロック源で生成されたクロックでリ・クロック処理を行うことで、ジッタを除去する必要があります。


 

車内案内表示装置(VIS:Visual Infomation System)

 

  
 
LCD式 鉄道車両VIS装置例(16面/車両)


 


コンテンツ受信・車両内配信部

 
コンテンツ受信・車両内配信部では中央処理部より送られてくる映像コンテンツを復号し、各LCD表示部に最適な映像処理を行った後に配信します。映像処理回路から出力くされるLVDS映像信号(525Mbps×8ch、クロック×2ch)はTHCV215により2.25Gbps×2chのV-by-One HS信号へ変換されLCD表示部へ送出されます。
 
 

LCD表示・デイジーチェーン分配部


LCD表示・デイジーチェーン分配部ではTHCV226によりフルHD映像信号を2分配し、一方をLCDに表示、残る一方はトランスミッタへ入力され、次のLCD表示部へ送信します。

上記例ではフルHDパネルを想定していますが、WXGA/720pパネルの場合はTHCV215をTHCV233へ、THCV226をTHCV234へ置き換ることもできます。

デイジーチェーン接続により送受信ICが多段接続される場合はソース信号のジッタに注意が必要です。、ソースとなる映像信号にジッタ成分が多く含まれると、ジッタ成分が段数を重ねる毎に増幅されるてしまい、後段のLCDが正常表示が出来ないことがあります。ソース信号のジッタ成分は極力抑えると共に、実際に使用するケーブルも含めた十分な評価が必要です。


 

デジタルサイネージ
医療用大型高精細4Kモニタ
ゲーミングモニタ
航空管制用大型高精細ディスプレイ

4Kディスプレイや5Kディスプレイなど、大型高精細液晶パネルの映像入力インターフェースには、ザインエレクトロニクスが推奨するV-by-One®HSインターフェースが多く使用されています。このような液晶パネルをご使用の際はTHCV215などV-by-One®HS規格に準拠した弊社送信ICをお使いください。
 

 
 

特定用途向け大型高精細LCDモニター構成例



V-by-One®HS Transmitter (THCV series)
THCV215

Video ADC (THC series)
THC7984

LED Driver (THL65 series)
THL6516THL6517THL6518

Power Management (THV3 series)
THV3056THV3543
 

関連ソリューション

232_ext_30_0_S.jpg

SerDes/V-by-One®によるデジタル伝送線路の不要輻射(EMI)の低減
大量伝送時代に、EMIは必ず発生する問題。CDR技術を用いて、配線数を減らしながらも、EMIを逓減させたソリューション事例のご紹介

230_ext_30_0_S.jpg

SerDes/V-by-One®による基板間の配線本数削減
基板間の配線の数・取り回し・コストは、いつもエンジニアの悩みの種。ザインエレクトロニクスが業界から圧倒的評価をいただいた、基板間配線についてのソリューションのご紹介

234_ext_30_0_S.jpg

インターフェイス(伝送)の見直しによるコスト削減
最終製品量産の進行や、新しい製品コンセプトの採用の折、コストカットは常に重要な要素です。ザインエレクトロニクスはお客様の要求に応え、解決する手段を提案し続けます。

231_ext_30_0_S.jpg

インターフェイス(伝送)における前後段チップの規格調整
システムチップの開発において、インターフェイスの選定は大きな決断。本当にニーズのあるインターフェイスなのか。業界に精通しているからできた、IPビジネス事例