ホール型体温スクリーニング+AI顔認証システムNEW

概要

新型コロナウィルス対策と致しまして、大勢の人が集まる場所で、体温の高い人を同時多数かつ非接触で、高速に、測定&スクリーニングできるソリューションです。
 新型コロナウイルスが感染して発病した場合、発熱の症状がでます。そのためできるだけ早く発熱者を発見して隔離することが重要な対策になります。

 本製品は2眼カメラ (高精度カメラ+サーモカメラ)とBlack Bodyを組み合わせることで、高い精度でのサーモグラフィでの観測を実現。また、0.1秒未満で16名の体温を同時に測定する事ができる為、人が多く集まる場所で 威力を発揮します。

 発熱者を特定し追跡したいお客様には、オプションのEdge AI Boxと組み合わせることで、10万人の顔認証が可能となり、従業員や生徒など、その施設に日常出入りする方々の発熱履歴管理ができるようになります。

 例えば、3名で非接触ハンディ体温計による入館監視をされている場合、本製品(税抜298万円)を導入頂く事により監視者を1名に削減でき、わずか2ヵ月 (人件費80万円/月の場合)で導入費用を回収する事が出来ます。同時に来場者の待ち時間を削減する事によりストレス回避にも繋がります。

特徴

  • 高精度検温
    ⇒ 通常のサーモカメラにない高精度
  • 短時間処理
    ⇒ 通常歩行で検知、行列回避
  • 多人数検知
    ⇒ 16名同時検知、行列回避
  • 発熱者特定
    ⇒ 発熱者の顔写真ログにより特定可能
  • 個人特定
    ⇒ AI顔認証対応、履歴管理も可能 ※オプション
  • 基本仕様
     ・測定精度:±0.3℃
      (環境温度の影響に依存小)
     ・同時識別人数:16名
     ・測定スピード:30ミリ秒~100ミリ秒
     ・測定距離:~10メートル
     ・顔認証:オプション対応
      AI顔認識で自動追尾及び定期測定

Block Diagram

関連製品

AI&IoT SolutionNEW
通信モジュールを始めとしたAI & IoTソリューション、ならびに当社製品を使用したシステムモジュール

関連アプリケーション

AI&IoTソリューションNEW
体温スクリーニング
+AI顔認証ソリューション
製品紹介