Video ADC

103_ext_03_0.jpg

当社では、独自開発した高性能ADC(Analog-to-Digital Converter)コアを搭載するビデオADCを製品化しておリます。当社のビデオADCは、FPD普及当初から他社に先駆けて高解像度のビデオ信号に対応し、業界最高水準のA/D変換速度・精度に加え、高機能かつ自動化されたビデオ信号処理回路を搭載するなどの特徴があります。

THC7984-17はアナログ映像信号をデジタル映像信号に変換するための機能を統合したLSIです。ハイビジョンレコーダーが出力するコンポーネントビデオ信号 やパソコンが出力するアナログRGB信号を、フルハイビジョンテレビやプロジェクタ等に表示させるためにお使いいただけます。

201310162031_1.png

INL・DNLは、ADCの性能を示す指標であり、画質に大きく影響を及ぼす。
INLが大きいと・・・ グラデーションの曲がり、色むらが発生
201310162106_1.png
DNLが大きいと・・・ グラデーションに縦スジが発生
201310162106_2.png

THC7984はアナログ映像信号をデジタル信号に変換するための機能を統合したLSIです。

  • ***上記製品は、欧州RoHS指令(2011/65 /EU)対応済みです***

    環境規制に関する資料(MSDS、ICP分析レポート、紛争鉱物調査結果含むレター等)、製品の仕様書(パッケージ・梱包・その他)等のドキュメント関連については、弊社正規代理店までお問い合わせください。(弊社正規代理店は、こちらをクリックしてください)

    その他、製品や会員ページ等のお問い合わせについては、こちらをクリックしてください。

ビギナーのためのADC入門

1.ADCとは?

Analog to Digital Converter→アナログ信号をディジタル信号に変換する装置。(AD変換器、ADコンバター)

201310162106_3.png

入力された電圧を数値化(2進数)して出力する
(例)  入力電圧  数値(ディジタル値)
      0V  →  0 (0000)
      0.5V →  7 (0111)
      1V  →  15 (1111)
 

2.アナログ信号とデジタル信号
基本的なAV機器のデジタル信号

201310162116_1.png

3.ADCのスペック~分解能
ADCは電圧のものさし→分解能は目盛りの細かさ

201310201704_1.png

必要な分解能は、用途や機器によって異なる
 映像信号:8-12bit
 音声信号:16-24bit
 (例)映像信号
201310201704_2.png

4.ADCのスペック~変換速度
デジタル信号は時間方向に対して離散的→サンプリングが必要
201310201704_3.png
必要な変換速度は用途や機器によって異なる
映像信号:10MHz~200MHz程度
音声信号:10kHz~200kHz程度


(例)映像信号
解像度が1080p(フルハイビジョン)の場合、
1/60秒間に1画面分の画素データ(2200×1125=247.5万画素)をA/D変換する→148.5MHzの変換速度が必要

201310201704_4.png
 
ナイキストの定理(標本化定理)
アナログ入力信号の帯域の2倍の周波数でサンプリングすれば、元のアナログ信号を再生できる。

5.ADCのスペック~用途
必要な分解能や変換速度は用途によって異なる
201310201704_5.png

最適なA/D変換方式は分解能や変換速度によって異なる
201310201704_6.png

6.アナログビデオ信号~種類
アナログビデオ信号の種類
 

信号 端子 主な出力機器
コンポジットビデオ ビデオ端子 ビデオデッキ、ゲーム機
Y/C信号 S端子 ビデオデッキ、ゲーム機
コンポーネント(YPbPr) コンポーネント端子
D端子( D1~D5 )
DVDプレーヤー、ハイビジョンレコーダー
PC信号(RGB) PC端子(D-sub) パソコン、ワークステーション

201310162106_11.png


 




 




 

Product Name Number of Chanels Bit/Pixel Sampling Frequency Package Status
THC7984-17 3ch×2系統 30 10~170MSPS LQFP80 MP
212_ext_30_0.jpg
LCD TV・大型ディスプレイ
224_ext_30_0.jpg
監視カメラ、TV会議システム、マシンビジョン