• HOME >
  • ニュース >
  • Novatekとザインが車載等高解像度カメラで協業のお知らせ

Novatekとザインが車載等高解像度カメラで協業のお知らせ


2015/10/06

 高速インターフェースLSIおよび画像処理用LSIの世界的リーダーであるザインエレクトロニクス株式会社(東京証券取引所JASDAQ上場: 6769、以下「ザイン」)は、LCDドライバーおよびSoCの世界的リーダーであるNovatek Microelectronics Corp.(台湾証券取引所上場: 3034、以下「Novatek」)に対して、ザイン独自の高速インターフェースV-by-One® HS技術をライセンス供与し、車載ドライブレコーダなど広範な高解像度カメラ市場におけるパフォーマンス向上とシステムコスト改善による付加価値を広範な市場に提供することとしましたので、お知らせします。

 ザインが開発した高速インターフェース技術V-by-One® HSは、4Kテレビ市場等ではデファクトスタンダード(事実上の世界標準)となり、高精細画像が必要な民生市場のほか、車載インフォテインメント、セキュリティ、ロボティクス、事務機器、アミューズメント等の広範な分野において、よりスマートに、システムコストを改善する伝送技術として適用することができます。

 ドライブレコーダ等の高解像度化が進むカメラ市場においては、パフォーマンスを高めるためのシステムコストおよび伝送ケーブル本数の増加が課題になっています。こうした状況の中、優れたカメラ用SoC技術と市場シェアを持つNovatekに対し、ザインが回路設計資産を伴うV-by-One® HS技術ライセンスをしたことによって、ドライブレコーダ等の広範なユーザーは、高解像度システムを実現しながら、カメラシステムのトータルコストを改善することが可能となります。
 カメラユニットにはザインが今年量産を開始したTHCV231を用いることでリアカメラのフルHDの解像度を1対のペア線のみで長距離伝送することが可能であり、NovatekのSoCによりV-by-One® HS信号を受信するソリューションが可能となり、ケーブル本数の抜本的削減に加え、システム実現に必要な部品点数の削減が可能となります。また、このソリーションは、4KやフルHDの高解像度化が進むセキュリティカメラでの適用も可能です。

 今回のライセンス供与について、Novatekは次のようにコメントしています。「V-by-One® HSは、4Kテレビなど高解像度データの高速伝送のためには必須の技術として普及しています。ザインとのコラボレーションを通じて、高解像度ドライブレコーダ市場において、これまでの市場にはないシステム・ソリューション提供が可能となりました。」
 また、ザインの代表取締役社長野上一孝は次のように述べています。「Novatekは優れたSoCを世界市場で提供しているライセンシー企業であり、Novatekと当社のコラボレーションにより、より広範な潜在的お客様はV-by-One®HSの実際の付加価値を享受し、そのカメラシステムにおける一層の優位性を獲得すると期待されます。ザインは今後ともNovatekのような優れた企業との協業も通じて、V-by-One® HS技術の付加価値を継続的に世界市場のお客様に対して提供してまいります。」

■V-by-One® HSの特長
 高機能イコライザにより伝送品質が向上
 CDR (Clock Data Recovery)方式のシリアライザ・デシリアライザによる高速シリアル伝送に
  より、ケーブルスキューの問題を抜本的に解決
 EMI (Electro-Magnetic Interference: 電磁障害)を低減(クロック伝送ケーブルが無く
  リファレンス・クロック不要で低ノイズ)
 ケーブル本数、コネクタ数の削減によるトータルコスト低減、省スペース化を実現
 お客様の設計を大きく変更せずシームレスな移行が可能
 伝送速度が可変で低消費電力 シリアル伝送速度: 600Mbps ~ 4.0Gbps
 
Novatekについて
Novatek Microelectronics Corp.は、優れた技術により革新的な薄型ディスプレイドライバICとSoCのソリューションとサービスを開発・提供する世界クラスのリーダーです。Novatekは台湾新竹科学園区に本社を持ち、台湾証券取引所では2番目に大きいファブレスチップデザイン企業(証券コード:3034)です。全世界の従業員は2,087名(2014年12月31日現在)です。
 
ザインエレクトロニクスについて
ザインエレクトロニクスは、アナログ回路技術とミックスドシグナルLSIの技術により革新的な製品とソリューションをお客様に提供しているファブレスLSIメーカーです。当社は、独自技術で事実上の世界標準となったV-by-One® HSやLVDSなど高速インターフェース技術のグローバル リーダーであり、表示制御用LSI、アナログ デジタル変換LSI (ADC) 技術、画像処理用LSI (ISP) 技術、電源制御、LEDドライバー、モーター ドライバー用LSI技術などの蓄積があります。複合機など事務機器分野、アミューズメント分野、産業機器分野、車載分野、モバイル分野 (スマートフォン、タブレットPC)、民生機器分野などにおいて、お客様市場に向けた新たな付加価値を提供しております。東京都千代田区に本社を位置し、台湾、韓国、中国 (深圳、上海、香港) に子会社等を持っています。ザインエレクトロニクス株式は東京証券取引所JASDAQ市場にコード番号6769で上場しています。当社に関するより詳しい情報は、https://www.thine.co.jp/をご参照ください。

※THineおよびV-by-Oneはザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
 
ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
<お客様各位お問い合せ先>
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部(お問合せフォーム