• HOME >
  • ニュース >
  • 業界初フルHDを1ペア伝送可能なV-by-One® HS新製品のお知らせ

業界初フルHDを1ペア伝送可能なV-by-One® HS新製品のお知らせ


2015/04/27

AEC-Q100/TS16949に準拠し車載機器やセキュリティカメラの高解像度化をサポート

 当社は高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、この度、業界初(注1)のフルHD(1080pかつ60フレーム/秒)の高解像度を1ペア線のみで伝送可能な高速インターフェースV-by-One® HS新製品6機種を開発し、サンプル出荷を開始しましたのでお知らせします。


 今般、サンプル出荷を開始したV-by-One® HS新製品は、THCV231-Q / THCV231 / THCV235-Q / THCV235 / THCV236-Q / THCV236です。
 これらのうちTHCV231-Q / THCV235-Q / THCV236-Qの3製品は、車載対応製品であり、車載用集積回路の各種信頼性試験規格として世界的に活用されているAEC-Q100(Grade2;-40~105°C)に加えてTS16949に準拠しております。また、今回の新製品は車載機器に留まらず、セキュリティカメラ、事務機器・複合機内配線等に使用できるものであり、本年第2四半期からの量産を計画しています。
 
 現在、車載ディスプレイシステム、車載カメラやセキュリティカメラはフルHDの高解像度化が進展してきており、こうしたトレンドを支える機器内伝送システムも複数のLSIと複雑なケーブル配線により構成されつつあります。新製品はフルHDの高解像度を1ペア線のみで伝送できるため、伝送システムのコスト低減、設計の自由度拡大、ケーブル削減によるノイズ抑制効果などの優れた付加価値を提供します。
 また、このV-by-One® HS新製品2個使いにより30フレーム/秒の4K解像度を2ペアのみで伝送することも可能であり、お客様の選択肢の拡大に寄与します。
 
 今回開発したV-by-One® HS新製品は、車載市場で広く求められる品質マネジメント規格であるISO/TS16949にも準拠しています。APQP(2)に従って、FMEA(3)を考慮した製品開発を経るとともに、製造委託先との間でコントロールプランを共同開発することにより、高度な品質マネジメントが可能となりました。当社独自の製造工程監視システムQuESTも活用することにより、SPC(4)、不良解析サービスも充実させており、PPAP(5)の対応およびお客様にご満足頂ける製品提供を可能としております。
 
 当社では、高解像度化が進むトレンドに対して、車載機器市場および産業機器市場に向けて提供している画像処理用LSI、表示制御用LSI、電源制御用LSI、LEDドライバ等とも合わせて、お客様に最適なトータルソリューションを提供していく方針です。
 
 なお、当社は、この新技術を平成27年5月20日(水)から5月22日(金)までパシフィコ横浜にて開催予定の「人とくるまのテクノロジー展2015」に出展する予定です。
 
【ご参考】「人とくるまのテクノロジー展2015」開催概要
名称: 自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2015
主催: 公益社団法人自動車技術会
会期: 2015年5月20日(水)~22日(金)
場所: パシフィコ横浜・展示ホール

THCV231-Q / THCV235-Q / THCV236-Qの写真


■新製品の特長
 ・V-by-One® HS Standard Ver.1.4準拠
 ・AEC-Q100 (Grade 2) 対応(THCV231-Q / THCV235-Q / THCV236-Q)
 ・広帯域動作周波数: 6 MHz ~ 160 MHz
 ・動作温度: - 40°Cから + 105°C
 ・外付レファレンス・クロック不要
 ・1ペア線シリアルインターフェース・ブリッジ機能
 ・データストリームにEMIノイズ防止用SSCG追加可能
 ・パッケージ: THCV231-Q / THCV231: QFN32 (5mm x 5mm)
              THCV235-Q / THCV235 / THCV236-Q / THCV236: QFN64 (9mm x 9mm)

■アプリケーション

 ・車載ディスプレイシステム、車載カメラなど車載機器
 ・セキュリティカメラ
 ・事務機器・複合機
 ・画像等大容量伝送が必要な産業機器 など 

(注1)発表日現在、当社調べ
(注2)APQP:先行製品開発(Advanced Product Quality Plan)のこと
(注3)FMEA:故障モード影響解析(Failure Mode Effects Analysis)のこと
(注4)SPC:統計的工程管理(Statistical Process Control)のこと
(注5)PPAP: 生産部品承認プロセス(Production Part Approval Process)のこと
(注6)「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。


 
ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
<お客様各位お問い合せ先>
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部(お問合せフォーム