• HOME >
  • ニュース >
  • シノプシスとの協力でV-by-One®HSに対応したプロトタイピング環境を開発

シノプシスとの協力でV-by-One®HSに対応したプロトタイピング環境を開発


2013/12/20

 当社は、高速情報伝送用LSIなどアナログ回路技術を搭載したLSIや画像処理用LSI分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、この度、シノプシス社との協力によりシノプシス社が提供する高性能SoC/ASICプロトタイピング・ソリューション”HAPS”と当社が提供するV-by-One®HS製品評価ボードとの接続アダプターをシノプシスの3rdパーティプログラムベンダのGolden MemberであるGigafirm社と共に、開発し提供を開始致しましたので、お知らせします。

 半導体製品開発・設計ツールで世界をリードし続けるシノプシス社は、10年以上にわたりハードウェア設計者およびソフトウェア開発者向けに6世代におよぶFPGAベース・プロトタイピングシステムを提供してきました。
 
 HAPS製品ファミリは、半導体開発に関わる設計チームおよび検証チームに対して、コストのかかる再設計を防いでSoC/ASIC設計の開発期間短縮を可能にする高性能SoC/ASICプロトタイピング・ソリューションを提供しております。HAPSはハードウェア製品とソフトウェア製品からなる統合型のスケーラブルなソリューションであり、これにV-by-One®HS対応ソリューションが加わることにより4K2Kを始めとする当社V-by-One®HS製品に対応した高解像度システム開発のプロトタイピングが容易になり開発期間の短縮が期待されます。

HAPS概要
シノプシスのFPGAベース・プロトタイピング・ソリューションは、モジュールベースの操作性に優れたハードウェア・コンポーネント群と、デザインプランニング、FPGA合成、デバッグのための統合型ソフトウェア・ツールフローで構成されています。
 
HAPS-Developer eXpress (HAPS-DX) シリーズ
ザイリンクス社のFGPAデバイスVertex®-7を搭載し、400万ASICゲートを実装可能。プロトタイピングに必要なハードウェアと設計自動化ソフトウェアをともに提供し、シノプシスのHAPSTrak 3ならびに業界標準のFPGA Mezzanine Card(FMC)フォーマットのサポートにより柔軟なI/Oインターフェイス・アーキテクチャも提供しているため、プロトタイプを極めて短期間かつ容易に構築可能。
 
HAPS-70シリーズ
Xilinx Virtex®-7 FPGAを使用し、最大1億4400万ASICゲートに対応。 市販製品の中で最も高度に自動化された先進のデザインプランニングおよびSoC検証オプションを備えています。

シノプシス社について
Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、グローバル・エレクトロニクス・マーケットでテクノロジ・イノベーションを展開している。そのソフトウェア製品、IP、技術サービスは、エンジニアが直面する設計/検証/システム開発/製造の課題の解決を支援しており、シノプシスは電子設計自動化(EDA)ならびに設計資産(IP)のリーディング・カンパニーとなっている。1986年の創業以来、世界中のエンジニアがシノプシスのテクノロジを使用して、何十億もの半導体やシステム機器を設計開発している。詳細な情報は、http://www.synopsys.co.jpより入手可能。

※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
<お客様各位お問い合せ先>
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部(お問合せフォーム

<HAPS製品に関する問い合わせ先>
シノプシス社/接続アダプター問い合わせ先
TEL 03-6746-3700  FAX 03-6746-3737
http://www.synopsys.co.jp/PDF_files/synplicity/HAPS-display-solution-for-Vbyonehs.pdf
E-mail: jp-synp-all@synopsys.com