• HOME >
  • ニュース >
  • 海外車載市場に向けたV-by-One®HS量産出荷開始のお知らせ

海外車載市場に向けたV-by-One®HS量産出荷開始のお知らせ


2013/06/21

 当社は、高速シリアルインターフェース技術や高解像度対応イメージシグナルプロセッサ技術で業界をリードするファブレス半導体メーカーですが、この度、韓国車載市場向け製品展開に加えて、中国における現地法人組織の設立を経て、中国車載市場に参入し、V-by-One®HSを量産出荷開始しましたので、お知らせいたします。

 当社は中期経営戦略「TACK2Win.」に基づき、アジア市場への事業展開とポートフォリオ型の事業戦略を進めております。
 アジア市場は当社製品の適用拡大が見込まれる重要市場であり、韓国車載市場向けには、既にV-by-One®HS製品の量産出荷を進めており、これに加えて、今回設立完了した中国現地法人である前海赛恩电子(深圳)有限公司により、中国車載市場向けにもV-by-One®HS製品の量産の適用を開始し、車載ドライブレコーダ用途で活用されることとなりました。
(注)TACKとは、“Toward Asia: China, Taiwan, and Korea”の略です。ヨット操縦法の“tack”(逆風を活用して、風上に遡上する最の進路転換のための基本動作)にも由来しており、厳しい逆風の経済環境が当面続くと予想される中で前進し、成長していく方針です。

 車載ドライブレコーダは、現在、高精細画像(HD)のカメラシステムを持つ製品が増加してきており、これに伴い、優れた高速伝送技術が必要となってきております。
 このため、韓国における高精細画像の車載ドライブレコーダ市場では、当社が2010年に設立した韓国現地法人であるザインエレクトロニクスコリア株式会社による積極的な営業活動を通じて、当社独自の高速インターフェース技術であるV-by-One®HSが数多くのお客様に採用されており、そのシェアは9割以上と考えられます。
 このような既に車載市場で認められた高速伝送技術と当社のノウハウが中国車載市場においても評価され、量産適用されることとなりました。

 車載ドライブレコーダ市場は、既に量産適用がされている韓国および中国に限らず、海外市場を中心に拡大が進むことが見込まれています。当社としても、既に量産適用が進んでいる韓国および中国市場において一層ビジネスを伸ばしていくことに加え、他の市場地域に向けても積極的に営業拡販活動をしていく予定です。車載市場の高い品質要求に対応するべく、当社においては、当社独自の製造工程監視システムQuESTを構築しており、製造委託先と品質目標を共有することによって、優れた品質を維持管理し、お客様のご要請に応えて参ります。
 また、中国市場を始めとするアジア市場向けには、V-by-One®HSに加えて、当社が持つ技術資産と製品ラインアップおよびノウハウの蓄積を用いて、拡販活動を進める方針であり、今後とも戦略的に事業展開してまいります。
ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
<お客様各位お問い合せ先>
ザインエレクトロニクス株式会社営業部(お問い合わせフォーム