• HOME >
  • ニュース >
  • 車載ビジネスへの本格参入開始のお知らせ

車載ビジネスへの本格参入開始のお知らせ


2013/04/15

 当社は、高速シリアルインターフェース技術や高解像度対応イメージシグナルプロセッサ技術で業界をリードするファブレス半導体メーカーですが、この度、車載ビジネスへの本格参入を開始することを決定しましたので、お知らせいたします。

 当社の製品ラインアップには、当社独自の高速技術によりケーブル本数を抜本的に削減可能なV-by-One®技術搭載製品、小振幅差動伝送(LVDS)製品、夜間の車載カメラにも適用可能な高解像度対応イメージシグナルプロセッサ、車載液晶パネルに使用可能なLEDドライバ製品等を多数揃えております。
 従来はお客様からのご依頼に対応して、一部製品のみを当社独自の厳正な品質管理に基づき適用して参りましたが、この度、国際標準化機構(ISO)の登録機関による審査を受審し、ISO9001:2008の認証取得を完了しました。今後、さらなる品質マネジメントシステムの継続的改善により、ISO14001:2004、ISO/TS16949:2009にも準拠した体制を目指して参ります。また、個別製品毎に車載用の品質適用試験AEC-Q100を製品ラインアップに適用拡大することとしました。これらにより車載市場に対応できる品質管理体制を継続的に強化しながら、今後、弊社営業活動として車載ビジネスへの本格参入を開始することを決定しました。

今後、本格参入する製品群は、以下の通りです。
・高速インターフェースV-by-One®技術搭載製品
・小振幅差動伝送(LVDS)製品
・高解像度対応イメージシグナルプロセッサ(ISP)
・LEDドライバ製品

 今回の決定を受け、当社代表取締役社長の野上一孝は次のように述べています。「当社は従来、デジタル家電等民生分野やPC、モバイル分野等の市場に対して付加価値を提供してまいりました。しかしながら、当社技術の付加価値は、より広い市場への適用が可能なものです。今般、ISO9001認証取得とAEC-Q100に基づく検証を通じ、当社独自に確立してきた品質保証体制が、第三者機関の審査にも耐えうる信頼度にあるとの確証を得ました。これにより、車載市場のお客様に対しても、適用し付加価値をエンジョイしていただけるよう営業活動を積極展開させることを決定しました。今後とも更なる品質管理体制の強化を図る方針です。そして、当社技術力の付加価値を提供できる市場の拡大に努めてまいります。」

 車載市場はソリューション提案から量産開始までの期間が長期に及ぶ市場であり、当社としては、中長期にわたる戦略事業として展開してまいります。なお、本件により今期業績に与える影響は、既に発表済みの業績予想に折込済みです。

※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
ISO9001:2008 品質マネジメントシステムの国際規格
ISO14001:2004 環境マネジメントシステムの国際規格
TS16949:2009 自動車生産及び関連サービス部品組織の要求事項
AEC-Q100 車載用電子部品のための各種信頼性試験の認定基準
ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。