• HOME >
  • ニュース >
  • 10Gbps高速信号対応リドライバ新製品の量産出荷開始のお知らせ

10Gbps高速信号対応リドライバ新製品の量産出荷開始のお知らせ


2017/10/16

~シグナル・コンディショニング機能とマルチプレクサ・デマルチプレクサ機能により製品の自由度を向上~

 当社は、高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、この度、10Gbpsの高速信号に対するシグナル・インテグリティ(注1)確保とマルチプレクサ・デマルチプレクサ機能(注2)を実現するリドライバ新製品THCX423R10を2017年10月より量産出荷することとしましたのでお知らせします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 USB Implementers Forum, Inc. (以下、USB-IF) が1996年に規格化したUSB1.0のデータ伝送速度は12Mbpsでしたが、市場への普及と技術の進歩を反映し、2013年にはデータ伝送速度が10GbpsとなるUSB3.1 Gen2が規格化されました。USBデータ伝送速度の高速化は、ユーザーに対して動画や写真、音楽のような大きなデータの伝送をストレス無く実行できるメリットを提供する反面、USBを実装するシステム設計者にとっては10Gbpsの高速信号に対するシグナル・インテグリティをいかに確保するかという課題が生じます。データ伝送速度の高速化のトレンドと並行し、USB-IFは上下左右が対称なデザインのUSB Type-CTMコネクタを2014年に規格化、ホスト側とデバイス側どちらの向きでも接続することを可能としました。ユーザーは今までのUSBコネクタがホスト側とデバイス側でコネクタ形状が異なっていた不便さを解決できる反面、USB Type-CTMを実装するシステム設計者はケーブルの上下どちらの側で接続されても正常動作する仕組みを新規設計しなければなりません。
 今回、量産を開始するTHCX423R10の最大の特徴は、10Gbpsの高速信号に対応できるシグナル・コンディショニング機能(注3)とマルチプレクサ・デマルチプレクサ機能を1チップに搭載した点にあります。これにより、例えばUSB搭載機器内部のUSBホストまたはUSBデバイスとUSB Type-CTMコネクタ間の信号伝送時に発生する電気信号減衰をシグナル・コンディショニング機能で補正すると同時に、USB Type-CTMコネクタの上下どちらか一方の信号をマルチプレクサ・デマルチプレクサ機能で選択します。従来2つの異なる機能を別々のチップで実現していた構成を1チップに統合でき、部品点数、実装面積、およびコストの観点でシステム設計者へメリットを提供します。更に、USB信号の伝送距離を延長できることから、製品設計とユーザーの使い勝手の自由度向上が期待できます。
 また、THCX423R10は当社の高速インターフェース技術V-by-One® HSにも接続でき、今までになかったシステム構成を実現します。例えば2系統のイメージセンサ出力信号をV-by-One® HSに変換、それぞれの映像信号をTHCX423R10 へ入力することで、1系統のカメラ映像信号を選択出力するようなアプリケーションが可能となり、製品の自由度向上が見込まれます。
 新製品THCX423R10の量産出荷開始に当たり、当社代表取締役社長 高田康裕は次のように述べています。「今後の普及が期待されるUSB3.1 Gen2とUSB Type-CTMに対し、当社は保有するシグナル・コンディショニング技術をUSB規格へ応用発展し、1チップで両規格の課題を解決するソリューションを準備いたしました。THCX423R10の量産により、今後はUSB及びV-by-One® HSを使用するお客様の製品の付加価値向上に貢献するとともに、高速信号対応リドライバの後継製品ラインナップを拡充していくことで、お客様の更なるニーズにお応えできる製品開発をしていく方針です。」

■THCX423R10の特徴
・USB Type-CTM用のマルチプレクサ・デマルチプレクサ機能
(2入力1出力×1チャネル、1入力2出力×1チャネル)
・CC(Configuration Channel Logic)ロジック搭載
・受信側イコライザ機能 +11.3dB
・送信側デエンファシス機能 -8.5dB
・送信側出力振幅制御 600~1300mVp-p
・パッケージ:QFN 40ピン(5mm□, 0.4mmピッチ, Exposed Pad)

※「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
※「USB Type-C」はUSB Implementers Forumの商標です。

(注1) 送信端と受信端の間に構成される伝送路に流れる信号の品質を指す。伝送路としてはプリント基板やケーブルが想定される。

(注2) マルチプレクサは2系統以上の入力を1系統の信号として選択出力する機能、デマルチプレクサは1系統の入力を2系統以上の出力のいずれかへ選択出力する機能。

(注3) 信号伝送の高速化と長距離化を達成するために、伝送時に減衰する波形成分を信号送信側と信号受信側において補償する手法。大きく分類すると3つの手法があり、送信側で実施するプリエンファシスとデエンファシス、受信側で実施するイコライザとなる。THCX423R10はデエンファシスとイコライザを搭載。
ご注意:その他本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部お問合せフォーム