医療機器

医療用 4K モニタ

医療用高精細LCDパネルモジュールの入力インターフェースにはLVDS、モニタ入力のデータコンバータIC出力インターフェースにはLVDSやLVCMOSパラレルインターフェースが使用されています。対して4K映像信号処理に対応した高性能スケーラLSIのインターフェースにはV-by-One®HSが使用されているものがあります。この様な場合に使用するLVDSやLVCMOS、MIPI®CSI-2とV-by-One®HSインターフェースとの相互変換にはV-by-One®HS規格に準拠した弊社THCVシリーズをお使い下さい。
 

 
 
医療用4Kモニタ内部構成例
 

V-by-One®HS transmitter (THCV series)
THCV215THCV226, THCV241

Video ADC (THC series)
THC7984

LCD module backlight LED driver (THL65 series)
THL6516THL6517THL6518

LCD module power management (THV3 series)
THV3056THV3543

 

超音波診断装置
心電計

超音波診断装置や心電計などの可搬型検査装置では、様々な場所・人の使用を想定したユニバーサルデザインが必要不可欠です。このためモニタは本体とユニバーサルアームやヒンジで接続されており、LVDSインターフェースでは信号間スキューや不要輻射の観点から接続が容易ではありません。
そこでLVDSインターフェースをTHCVシリーズ製品によりV-by-One®HS信号に置き換えることで、これらの問題を軽減し、モニタ接続部のデザインに柔軟性を持たせることが出来ます。

 

 


可搬型各種診断装置モニタ接続部のV-by-One®HS化

 
上記例では高解像度パネルLVDS接続からV-by-One ®HS信号への変換例ですが、SVGAやXGAパネル、CMOSパラレル出力からV-by-One HS信号へ変換し、パネル側レシーバデバイスでLVDSへ変換してからLCDパネルへ接続するといった信号に対応できる製品をラインナップしています。

V-by-One®HS transmitter / receiver (THCV series)
UXGA, WUXGA, FullHD : THCV215 / THCV216
SVGA, XGA, WXGA : THCV233 / THCV234

LCD timing controller (THF series)
THF9802

LCD module backlight LED driver (THL65 series)
THL6516THL6517THL6518

LCD module power management (THV3 series)
THV3056THV3543


X線・断層画像読影診断用モニタ

通常のモニタに使用される16万色カラー若しくは768階調モノクロ表示液晶パネルのLVDSインターフェースは8bit(24bitカラー)がベースとなっています。この場合、10bitベースのモニタ入力信号、スケーリング処理、12~14bitガンマ補正テーブル出力信号に対してディザリング/誤差拡散と言った丸め込み処理により多くの情報が失われています。

僅かな陰影も正確に表示しなければならない画像読影診断向けモニタでは、通常のモニタよりも高い階調表現が可能な10bitベースのLCDパネルが使用されます。この様なLCDパネルの入力インターフェースが8bitベースの場合、パネル内部で8bitから10bitへ疑似的に拡張する方法もありますが、より正確性が求められる画像読影診断に使用されるLCDパネルでは入力インターフェースを10bitベースに拡張することによりデジタル信号処理による情報量の低下を抑えています。これによりサブピクセル毎により正確な10bitの階調表現が可能となり、ピクセル毎にモノクロ3074階調表現が可能になります。

ザインエレクトロニクスは10bitLVDSシリアライザ・デシリアライザを世界で初めて製品化しました。その後も10bitLVDSシリーズ製品は増え続け、最も多くの製品をラインナップしています。

 

 

X線・断層画像読影診断用モニタ構成例

またDsub15端子から入力されるアナログ画像信号も正確に表示する必要があります。THC7984はこのようなアナログ信号をデジタル信号に変換するビデオデータコンバータです。THC7984に搭載された14bitADCはリニアリティに優れ、各種アナログビデオ信号に最適化されたビデオフィルタと組み合わされることにより再現性に優れた高精細・高階調画像を提供します。

 

内視鏡

イメージセンサーの高解像度化に伴いスコープとビデオプロセッサ間の接続も画質劣化の伴わないデジタル・ビデオインターフェースが必要とされています。デジタル化の弊害として不要輻射の増加や伝送距離の問題がありますが、V-by-One®HSに対応したTHCVシリーズは他製品に比べて不要輻射を低く抑えながら画質劣化のない伝送を実現します。またアナログ・ビデオ信号に用いられる同軸ケーブルと比べて外径が細いツイナックス・ケーブルを使用できるためスコープの取り回しも容易になります。

硬性内視鏡 外科内視鏡

さらにV-by-One(R)HS信号はDCバランス制御された信号のため、多くのAOC(Active Optical Cable, Active Optical Connector)と直接接続することができます。システムケーブルをAOCに置き換えることで更なる軽量化に加え、電気メスなどからの不要輻射(電磁放射ノイズ、EMI)による信号エラーなどが抑えられることで術者の負担が軽減されます。

硬性内視鏡 外科内視鏡 AOC 光ケーブル

V-by-One®HS Serializer (Transmitter)
THCV217, THCV219

V-by-One®HS De-serializer (Receiver)
THCV218, THCV220


 

関連コラム

551_ext_30_0_S.jpg

Digital Camera(デジタルカメラ)や監視カメラへ搭載、What's ISP
ISPって何?と、良く聞かれます。これからますますみなさんの生活にとって身近な存在になるISPを一生懸命紹介していきます。

関連ソリューション

235_ext_30_0_S.jpg

カメラシステム(Camera System)を構築したい
ザインエレクトロニクスのISPを用いたソリューションのご紹介(1)

234_ext_30_0_S.jpg

インターフェイス(伝送)の見直しによるコスト削減
最終製品量産の進行や、新しい製品コンセプトの採用の折、コストカットは常に重要な要素です。ザインエレクトロニクスはお客様の要求に応え、解決する手段を提案し続けます。