THL3503

概要

THL3503は16チャンネルの定電流シンク出力を持つLEDドライバです。オシレータ回路、PWM回路内蔵しており、LEDの輝度をレジスタ設定により各チャンネル個別に256段階で設定することができます。シリアルインターフェースは、LVDSの差動2ペア(クロック、データ)になっており、高ノイズ耐性、高速、長距離伝送を実現します。LVDSはカスケード接続とマルチドロップ接続の両方に対応し、LEDドライバの配置、接続の自由度が増します。通信プロトコルはシンプルな片方向通信ですので、CPUへの負荷が小さく、制御しやすくなっております。

特徴

  • 定電流シンク 16チャンネル
  • 出力シンク電流 最大40mA/チャンネル
  • 出力耐圧 最大40V
  • 個別輝度調整 256段階
  • 全体輝度調整 64段階
  • 2線シリアルLVDS 最大10Mbps
  • 3線シリアルCMOSレベルから2線シリアルLVDSへの変換
  • 2線シリアルLVDSのリピーター機能
  • デバイスアドレス指定(最大62 個)

Block Diagram

154_ext_27_0.jpg

サンプル購入

201402271428_1.png
THine Electronics in Digi Key

関連製品

関連アプリケーション

225_ext_30_0_S.jpg

アミューズメント機器
アミューズメント機器、インフォメーション・ディスプレイ、電飾