• HOME >
  • ニュース >
  • ジェトロ主催フォード・モーター販路拡大商談会出展のお知らせ

ジェトロ主催フォード・モーター販路拡大商談会出展のお知らせ

logo_news_list01.png
2017/03/17

当社は高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、この度、2017年3月1日に独立行政法人日本貿易振興機構(以下、「ジェトロ」)主催で米国・デトロイトにて開催されたフォード・モーター販路拡大商談会であるJapan Innovation Showcase at Ford Motor Companyへ出展し、当社の車載カメラ向け高解像度映像伝送製品をはじめとする車載向け製品群を紹介しましたので、お知らせします。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今般、当社が展示したフォード・モーター販路拡大商談会は、ジェトロ主催の下、Ford Motor Company向けの販路拡大、同社との新規事業提携を目的とした商談会です。
当社は、本商談会において、量産出荷中の車載向けV-by-One® HS製品の展示と実機デモンストレーション、ならびに今後開発予定の車載向け製品紹介を行いました。特に実機デモンストレーションでは、当社のTHCV231-Qを搭載した車載用カメラモジュールを使い、2メガピクセル60fpsの撮像信号を1本の同軸ケーブルまたはSTP(Shielded Twisted Pair)ケーブルのみで15mの非圧縮伝送できるソリューションを紹介し、今後の車載カメラの高解像度化および搭載カメラ数増加に伴うハーネス重量増加の課題を解決する提案を行っております。商談会では、これら車載用カメラモジュールと接続できるドライブレコーダシステムと電子ミラーシステム(いずれも当社THCV236-Qを搭載)を実演し、鮮明な映像伝送を実現するシステムの使い勝手を体験していただきました。  また、今後開発予定の車載向け製品紹介では、米国で2018年5月1日以降の製造車に搭載が義務化されたリア・カメラについて、車載用カメラモジュールで撮像した鮮明で広角な映像信号をECUまで伝送するシステムにおいて、低コストで設計自由度を拡大できる新製品提案を行っております。
当社は、今後もV-by-One® HSの高解像度映像伝送技術を用いた製品群を車載分野へ展開していくことで、これまで以上に鮮明で広角な映像をドライバーへ提供し、車をより快適に、より安全にすることに貢献していきます。
(注)「V-by-One」はザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。
ご注意:本文中における各企業名、製品名等は、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
ザインエレクトロニクス株式会社 営業部(お問合せフォーム