THine CHANNEL

ザインエレクトロニクスが製作したセミナー動画や、
製品関連のデモ動画などのビデオライブラリ。

デモ NEW

サラウンドビューモニター(SVM)評価システム THSB-EVL-SV230

当社は高速インターフェイスや画像処理分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業ですが、この度、2015年5月に発表いたしましたサラウンドビューモニター技術をさらにブラッシュアップし高性能化致しました。

これまでのシステムでは映像入力にアナログVGAカメラを使用しておりましたが、視点変換アルゴリズムや画像再生成機能をHD対応することにより、弊社製の高速インターフェイス技術V-by-One®HSを用いたデジタル出力のHD魚眼カメラ等を接続することが可能となり、AD変換時の画質劣化が起きることなく、描画画像の高画質化を実現しました。HD魚眼カメラの補正、視点変換アルゴリズムや画像生成機能については、HD対応だけでなく内部回路の最適化や更なる高速処理を行うことで、 高画質化に伴うオーバーヘッドが発生することなく、描画遅延も50ms以内に収まっております。描画画像についてもαブレンディングによる境界線の無い 滑らかな映像表現に進化致しました。 

また、今回のリニューアルにおいて、「高速オートキャリブレーション機能」を新たに実装致しました。これは車両の4隅に調整用のマーカーを置くことで、カメラ個体や取り付け時のばらつきによる画像の位置ズレを自動で調整することが可能となる機能です。当社独自開発のアルゴリズムによりこれまで数十秒かかっていた調整時間を約10秒で終わらせることが可能となり、お客様の生産性向上に貢献致します。 

その他、コントロール基板の小型化(250㎜ x 250㎜ → 95㎜ x 65㎜)、タッチパネル液晶を用いたGUIの採用、2.5D(鳥瞰)描画等の新機能も新たに実装済みです。
 

__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY__

  • __RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY__
__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY__

一覧に戻る