THine ARTICLES

ザインエレクトロニクスに集う社員の熱い思いを語るコラムやストーリー、
また、これまでお客様にご評価いただいたソリューションの一部をご紹介します。

生産コラム

ファブレス半導体企業の課題、車載対応の品質管理に挑む

製造工程をアウトソースするファブレスメーカーにとって、製造工程の品質管理は、直面する課題のひとつ。ザインエレクトロニクスでは、かねてより優れた品質を保証し、顧客満足の向上をはかるため、最善の品質管理手法を模索していた。 そしてたどりついたのが、独自開発の製造工程監視システム「QuEST:Quality Enhancement with Statistic Tool」(クエスト)だった。 そのリリースに至るまでのストーリーを、生産部の深町尚貴、佐田智庸に聞いた。

顧客対応・品質向上が、開発のきっかけ

ファブレスの“生産を外部に委託することで経営資源を企画開発に集中し、かつ外部の持つ高い技術や設備・人材を活用できる”といったメリットを生かしつつ、いかに製品の高い品質を担保するか。その課題を解決するためには、委託先における製造工程を細部まで監視し、何かあればすぐにデータを分析・原因を解明してお客様に提示する体制が必要だ。

「弊社ではファブレスメーカーとしてのビジネスモデルを構築して以来、地道な品質管理でお客様からの信頼を得てきたものの、その陰には社員たちによる膨大な量の手作業が発生していました」(深町)

佐田が入社した2010年当時も、売上増加に伴ってトラブルも多くなっている中で、手作業による対応に多くの時間をかけている状況だったという。
zoom
 
「私は入社前から、工場には各工程のデータを蓄積する管理体制があることを知っていました。ですから入社した当時は、データ管理のための手作業が多くて驚きましたね。その頃、弊社はすでに複数の委託工場で多数の製品を製造していたので、やれる範囲での工夫はしていたものの、多くの時間を割くことに危機感を感じていたのです」(佐田)

2011年に品質マネジメント部で佐田と深町が同じグループに所属すると、「QuEST」の開発は加速していった。佐田は続けて、こう回顧する。
「各委託先から送ってもらうデータを専用サーバーに蓄積し、簡単にグラフ化できる品質管理ツールが作れれば、顧客対応・品質対応のグレードアップにつながる……今思えば、その考えが『QuEST』を開発するきっかけになりました」
 

車載用製品の製造管理に対応させることで進化を遂げた「QuEST」

佐田と深町はデータベースに関する知識が何もないところから開発に取り組み、2人で社内リリースにこじつけるまでに約1年を要した。そこから社内に向けて“製造工程監視システムがいかに必要か”を、実績を交えながら事あるごとにアピールし続けたという。
 
zoomやがて迎えた2013年、現・野上一孝社長が就任すると、全社を挙げて車載用製品の製造に取り組むことが発表され、これが開発にはずみをつけた。
「高い信頼性と長期のデータ保管、素早い顧客対応が要求される車載用製品を製造するためには、この品質管理ツールが間違いなく貢献すると確信を持っていました。と言うのも、もし客先トラブルの原因を突き止められないような事があれば、弊社は信頼を失ってしまう……でも『QuEST』があれば、その究明までの時間を短縮出来るはずですし、“リスク”がかなり軽減されるはずですから」(佐田)

「今では『ファブレスは製造工程の品質管理を委託先に任せっきり』という先入観は、徐々に打破されつつありますね」と、深町も満足そうだ。

こうして、顧客対応と管理体制の強化を目的に開発が始まった品質管理ツールは、車載用製品の製造に対応させることでより存在感を増し、弊社のファブレス企業としての付加価値創出にも寄与することになった。
 

「まだ完成じゃない!」……続く開発の日々

社内リリース以降も機能を追加し続けてきた「QuEST」は、他社との情報交換会や2016年4月の技術国際学会「IEEE」で発表されるなど、社外に顔を出す機会が増えてきた。

「弊社は設計がメインなので、歩留りや製造工程での安定性などを気にする機会があまりありませんでしたが、リリース以来、全社員が製造管理の重要性を認識するようになりました」(深町)

その言葉に頷きながら、佐田もこう続ける。
「この管理システムは委託先から日々送ってもらう正確なデータが要ですから、協力には本当に感謝しています! 委託先からのデータを基に、委託先とデータの共有を行ないながら、バラつき低減による安定品質・安定供給が実現できており、更に、空いた時間をお客様への説明や新製品の開発に使えるので顧客満足度アップにもつながります」

しかし、「「QuEST」に完成はありません」、と2人は口を揃える。
「データ集めやグラフ化の手間削減といったエンジニア視点の効率化のみならず、月間サマリなど経営視点での機能も追加しました。これからも、要望があれば出来る限り応えていきたいです」(佐田)
最近ではお客様から「『QuEST』のような活動は信頼に値する」との嬉しい評価をいただくことも増えているとか。
 
zoom
「今後も『QuEST』が存在することによって、弊社製品を使用される全てのお客様から広く評価されることを夢見て、開発を続けていきます」(深町)

(おわり)
 

210__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY__

  • __RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY__
__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_CONTENT_BOUNDARY__

一覧に戻る

関連製品

V-by-One®HS (SerDes) THCV241-Q

商品のご購入はこちら

関連アプリケーション

210_ext_30_0_S.jpg

車載機器
カーナビゲーション、ディスプレイオーディオ、電子ミラー、ドライブレコーダー